SSブログ
前の5件 | -

イギリスからの里帰り作品

イギリスで素晴らしい作品を発見しました。

初代宮川香山の釉下彩作品です。
作品が制作されたのは今から100年以上前。まさに和と洋の美が見事に融合したかのような、可憐で繊細な作品です。




43A7C99B-E739-4EC3-A9FD-F10E2F5D32B9.jpeg


6CCA1D1C-5327-4E71-9AE5-C66F0721947A.jpeg


5872661C-022B-4955-BF5C-E6D86BC77BAC.jpeg


009CFCC1-D13F-446F-B476-E5F965BB6F45.jpeg



初代宮川香山のグリーンは、世界の他の窯も憧れ、その再現に挑戦しましたが、この色彩を出すことが困難で、マクズグリーンとも呼ばれたと、アメリカのコレクターから聞いたことがあります。


今日も、ブログを見ていただき有難うございました。


真葛博士






追伸
わたくしを応援してくださっていた横浜の大先輩y.h様に感謝すると共に、ここに慎んでご冥福をお祈りいたします。

nice!(0)  コメント(0) 

当時の山手の洋館の動画

先日書かせて頂いた記事の続報です。(眞葛ネタでなくて申し訳ありません。次回は眞葛ネタ書きます!)

幸運にも奇跡的に、取得した洋館の1950年年代の動画(!)を手に入れることができました。詳細は以下の神奈川新聞社さんの記事をご覧ください。

https://www.kanaloco.jp/news/life/article-363005.html


本当に有り難いです。この建物は本当に「残る力」を持っていると思います。



眞葛 博士


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

アントニン・レーモンドだったら大発見

皆さん、こんにちは。

眞葛ミュージアムを運営している株式会社三陽物産では、この度横浜の歴史的建造物を保全するため山手の洋館を取得しました。

山手に残る個人所有の戦前築の洋館はわずか10数軒、、、、。取り壊し等で、この30年で半分以下に減ってしまっているようです。

普通に土地として買われてしまえば、単に古い建物として取り壊されてしまう可能性が高いため、保全のため購入に至りました。


ミュージアムを移転させる計画も検討しておりますが、その活用方法についてはまだ白紙状態で、まずは修復し、建築当時の姿によみがえらせる予定です。



東京新聞さんの記事はこちら ↓
https://www.tokyo-np.co.jp/article/53617

6AFDCF2F-61DB-4558-BF3D-A0A364248EE5.jpeg



今日もブログを見ていただき、ありがとうございました。

眞葛 博士

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

新発見 横浜中華街 最古の写真

初代香山が横浜に移住して間もない頃の中華街です。



毎日新聞ネット版
中華街を写した現存が確認できる最古の写真とのこと。分析下さった先生方と、連載をして頂いている新聞社さんに感謝いたします。
山本博士

nice!(1)  コメント(0) 

ちょっとヘンテコ。でも愛らしい真葛焼

色彩、形、絵付け、どれもちょっとヘンテコな感じ。

なのに、妙に気になる。愛らしい。


4A0547AE-116F-438F-8865-4FDBA62529B5.jpeg
初代宮川香山作 明治中期 眞葛ミュージアム寄託


そんな作品も初代宮川香山の真骨頂。


ECB2049A-5AAA-41BC-AF1A-B272B4D643FD.jpeg



小品ですが、イッチン風に盛り上がった網目の絵付けも繊細で、決して手を抜いた仕事をしていません。

初代の自由で奔放、柔軟な作品作りが感じられる作品です。



今日もブログを見ていただき、有難うございました。

真葛 博士








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -