SSブログ
前の5件 | -

イベントのお知らせ

皆さん、こんにちは。今日はイベントのお知らせです!

受付はもう始まっておりますので、ご興味のある方はぜひお申込み宜しくお願い致します。


宮川香山 眞葛ミュージアムを運営する「パティスリー モンテローザ横浜本店」(株式会社三陽物産)は、取り壊しの危機に瀕していた戦前の山手の西洋館「山手133番館」を取得し、再生保存するプロジェクトに取り組んでいます。



DJI_0531.00_02_09_07.静止画008.jpg



現存する戦前の山手の西洋館は横浜の歴史を語る上で非常に重要なものだと考えています。



IMG_7022.JPG
取り壊しの危機に瀕していた山手133番館 令和2年撮影



IMG_7030.JPG
まるで廃墟のような姿でした 令和2年撮影



昨年の7月から修復工事に入り、今年の9月末にはやっと修復工事が完了する見込みとなりました。




IMG_5776.jpg
創建当時の美しい姿を取り戻しつつある修復中の山手133番館 令和4年6月撮影
昨年、横浜市の歴史的建造物に認定されました。





そしてこの度、修復完了のお披露目を兼ね、10月1日にイベントを開催させて頂くことになりました。



IMG_6286.jpg



IMG_6285.jpg



IMG_6287.jpg



明治期に横浜の外国商館「ドーリング商会」によって販売されたリードオルガン(パティスリー モンテローザ所有)を山手133番館に持ち込み、みなとみらいホールさんと共催で、お披露目兼ミニコンサートを開催致します!


申し込みは以下のサイトでメールで受け付けております。
→ https://yokohama-minatomiraihall.jp/concert/archive/recommend/2022/10/2418.html

  https://yokohama-minatomiraihall.jp/concert/pipeorgan2022.html



演奏は、私が心から尊敬する早川幸子先生です。
IMG_6288.jpg




一回の定員が15名で、4回のみの開催となります。
非公開の西洋館ですので、建物内部が一般公開される最初で最後のイベントになるかもしれません。
ご興味のある方はぜひお申込み下さいませ。



IMG_5908.jpg
修復が進む内部


IMG_4521.jpg
修復が完了した美しいフランス瓦の屋根


修復の詳細は、you tubeチャンネル「 山手西洋館復元チャンネル 」を御覧くださいませ。
→ https://www.youtube.com/channel/UCmYRBteJm0st3_cp8Fr04CQ/featured

E982B746-DBBA-445E-A834-B1F54AB6F390.jpeg

C7786F43-841B-4030-8F9E-667A8E0CF760.jpeg


今日もブログを見て頂き、ありがとうございました。

眞葛 博士




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

フジ月曜夜10時 恋なんて、本気でやってどうするの?

みなさん、こんにちは。

フジテレビ月曜10時からの「恋なんて、本気でやってどうするの?」。
皆さんは見ていらっしゃいますか?もちろん私は見ています。

昨日、放送の最後の次週の予告を見ていましたら、、、
何と!


A3BB35E7-00D4-4FB1-BD4E-7E4950BA4FC6.jpeg


やきものの勉強を兼ねたデートなのでしょうか?
宮川香山 眞葛ミュージアムが!    


眞葛焼のネコちゃんは登場するのでしょうか、、、。笑

それも含めて必見です!



今日もブログを見て頂きありがとうございました。

眞葛 博士



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

大きくても小さくても決して手を抜かない仕事

みなさん、こんにちは。

初代宮川香山は、作品が大きかろうが小さかろうが、決して手を抜いた仕事はしませんでした。



9C92BA61-6D47-47F3-B691-E8FAAEB4F24B.jpeg
初代宮川香山作 青華氷梅紋花瓶 宮内庁所蔵
「真葛 宮川香山展」図録 横浜美術館2001



上の作品は、宮内庁三の丸尚蔵館が収蔵している大作です。1894(明治27)年に日本美術協会春季美術展覧会に出品された作品で、高さは47センチあります。




下の作品を御覧ください。


20EFD93B-F23F-4D47-98EC-791DF22DA0C0.jpeg
初代宮川香山作 個人蔵 宮川香山 眞葛ミュージアム保管



こちらの作品は、銘の筆跡から宮内庁所蔵の作品とほぼ同時期に製作されたものだと思われます。

高さは約23センチ。

美術展覧会に出品され宮内庁が収蔵している作品よりは小さいですよね。でも全く手を抜いていないんです。染付のダミや絵付けなど、大作と同じように製作されていることがわかります。

小さな作品には価値がない、低いなどとは決して思わないでください。
この作品は、偶然発見したまさに掘り出し物の逸品でした。




今日もブログを見ていただき、ありがとうございました。

眞葛 博士


追伸

私たちの歴史保存という社会貢献活動が、yahooニュースに掲載されました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/496fa2e2ec973d7d54c49556fc982ec1a2a86997
https://www.hamakei.com/headline/11792/
この場をお借りしてよこはま経済新聞さまに感謝申し上げます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

横浜市史資料室での企画展示

皆さんこんにちは。

今日は横浜市史資料室さんでの企画展示の情報です。


海外で眞葛焼や関連する資料を探していると、思いがけず珍しい資料に出くわすことがあります。

接収期間中に米兵が撮影したカラー写真などもその一例です。

この度、これまで手に入れてきたそれらのカラースライド写真を横浜市史資料室に寄贈させて頂きました。


0008_20220412 (002).jpg


「戦後の風景 占領から復興へ」
会 期:令和4年4月13日から令和4年7月9日まで
休室日:毎週日曜日、横浜市中央図書館休館日
時 間:午前9時30分から午後5時まで
会 場:横浜市中央図書館地下1階 横浜市史資料室内展示
入場料:無料



カラーで鮮明によみがえる戦後間もない横浜の姿。

https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/yokohamashi/gaiyo/shishiryo/jyohoshi/26-50.files/0316_20220401.pdf
(横浜市史通信 最新号)

チラシには、野毛の写真が使用されました。

今でもなじみのある店名の看板がありますね!

ご興味のある方はぜひご覧くださいませ。



今日もブログを見ていただき、ありがとうございました。

眞葛 博士



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

『目の眼』2022年2月号 特集「幕末明治のやきもの 時代が生んだ超絶技巧」

皆さん、こんにちは。

雑誌『目の眼』2022年2月号の特集は、「幕末明治のやきもの 時代が生んだ超絶技巧」。

宮川香山 眞葛ミュージアムも取材いただき、掲載されました。


4910086410227.IN04.jpg
https://menomeonline.com/blog/2022/01/17/4140/


全国を精力取材され、幕末明治のやきものの情報満載の2月号です。

是非おすすめです!



今日もブログを見ていただき、有難うございました。

眞葛 博士



追伸

雑誌社のご厚意で掲載誌20冊を頂きました。
2022年1月22日(土)に眞葛ミュージアムへご来館(入館)いただいたお客様先着20名様に限り掲載誌をプレゼントさせていただきます。
この場をお借りして改めて株式会社目の眼さまに御礼申し上げます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。