SSブログ

既成概念を吹き飛ばすかのような真葛焼

みなさん、こんにちは。


初代宮川香山は、代々やきものを生業にする家に生まれ、文化の都「京都」で育ちました。
京焼の歴史や伝統もまさに肌身に染みついていたと思います。

そんな初代宮川香山は、ときに既成概念を打ち壊すような作品を世に出し、
多くの人々を驚嘆させてきました。今日はそんな作品を紹介したいと思います。



9113033A-29BD-446F-A3D5-B756F922CE28.jpeg
初代宮川香山作 宮川香山 眞葛ミュージアム蔵



DBC9D64C-B34B-48C8-B7D9-9341C02F2A01.jpeg






CD3A0B94-F2DF-473E-9B1D-743585F5626C.jpeg
初代宮川香山作 宮川香山 眞葛ミュージアム蔵





EEDED04F-DAB6-42E9-B0E8-5097F5F7BA18.jpeg
初代宮川香山作 宮川香山 眞葛ミュージアム蔵



これらの作品は、貝や象牙、そして磁器を象眼する技法で製作されています。

漆器に貝などを象眼する「芝山漆器」は有名ですが、
やきものに貝や象牙、磁器を象眼して模様を表現した作品はこれまで見たことがありませんでした。
恐るべし、初代宮川香山です。

京都に生まれ育ち、帝室技芸員でもあった香山。

この経歴だけを見ると保守的な作品作りを想像されるかもしれませんが、
初代香山は面白そうなことだったらどんどんチャレンジする。やってみる。
そんな革新的な面を強く持った作家だったと思います。


今日もブログを見ていただき、ありがとうございました。

眞葛 博士



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました